今、色々な職業においてじわじわと増えている「フリーランス」。
もちろん美容師においても例外ではなく、都心にはフリーランス美容師シェア専門サロン…といったものまで登場しています。全国的に見ても「シェアサロン」は増加の一途を辿っています。
 

es&Co.でも、月額費用固定の面貸し3名限定で募集しています。

※2018年9月現在1名決定いたしましたので、残り2名となります。

本日はそんな面貸しについて詳しく掘り下げ、
「面貸しを選択するとどのくらい収入が上がるのか」…についてもお話していきます。
 

■目次
実際シェアサロン型と業務委託型の違いって?
業務委託型とシェアサロン型、どっちがいいの?
実際に比較してみると…
es&Co.について

実際シェアサロン型と業務委託型の違いって?

美容室 シェアサロン型と業務委託型の違い

一言に面貸し と言えど、その形式には大きく分けて2種類あります。
1つは【シェアサロン型】を採用しているサロン。
そしてもう1つが【業務委託型】を採用しているサロン。
es&CO.の面貸し(月額固定費制)は、「シェアサロン型」に含まれます。
 

hikaku

業務委託型では、集客は本部や店舗が行います。
また、サロンによっては最低保証制度を採用しています。

 
本部や店舗が集客を行うことにより、
フリーの顧客/指名の顧客それぞれに異なる還元率が設定されています。
平均的にフリーの場合40%~指名の場合50%~といった還元率を採用している
サロンが多くみられます。
 
対してシェアサロン型では、集客を美容師自身で行います。
 
また、あくまで「サロン内の一面を美容師に貸し出す」という形となるため
最低保証制度などはありません。
ただし、美容師が店舗に支払うのは「面の利用料」となるため、
施術を行う際には還元ではなく『売上の100%が美容師自身の収入』となります。

組織に縛られた働き方が嫌で独立を考えフリーランス美容師になるのであれば、
es&CO.のように『働いた分だけ収入になる』スタイルの方が合うのではないでしょうか。

 

業務委託型とシェアサロン型、どっちがいいの?

美容室の面貸しは業務委託型とシェアサロン型、どっちがいいの?
 
面貸しでの独立・フリーランス美容師になる…と考えて、
まず最初に悩むのが、この「業務委託型とシェアサロン型どっちにするの」問題です。
 
正直なところ、どちらがご自身の希望するスタイルに合うかだと思います。
 
業務委託型は、ほぼ雇用と変わらない状態でサロンワークが行える、というのが
最大の特徴です。
集客や広告はサロンが行うので、そこで「個人事業主」として働いてね、という形です。
ここで重要なのが、個人事業主なのに『勤務シフトや最低保証給が定められている』点です。
 
えっ、フリーランスなのに決められた枠で働くの…?
 
とこの記事を書きながら私自身も感じました。
 
 
独立!フリーランス美容師!というと聞こえはとても格好良いけど、
正直自信はまだない…保険が欲しい…
という美容師なら、業務委託型の方がハードルは低いのかな、と感じます。
 
ですが、カタチとしてはあまりフリーランスっぽくはないなとも思います。
固定給で働くよりは還元がついて収入は上がるようにも思いますが、
結局のところ通常の雇用とあまり変わらない環境で従事する、というイメージです。
 
 
対してシェアサロン型の場合は、完全に美容師自身の力でやっていく』スタイルとなります。
集客も広告も個人で行い、業務委託型ではたまにある「アシスタントがつく」こともなく、
しかし勤務時間や休日は美容師個人で自由に定め、自分に合ったサロンワークが叶う…
シェアサロン型の方が、よりフリーランス感が強く、自由度も高いです。
 
ですが、もちろんこの魅力は表裏一体でデメリットにも変わります。
 
急な体調不良の際も自身でフォローを行う必要があり、
サロンにより面貸しのレンタル料も様々…それらすべてを個人で責任をもって行わなければなりません。
 
es&CO.の面貸しの場合
月額固定費制/月200,000円』のラインは
最低でもクリアしないといけません。
 
 
ですが、シェアサロン型のサロンの多くは、
当店も含め『施術料金の設定も美容師個人に委ねる』形を採用しています。
 
また、es&CO.の面貸しの特徴として、
通常個人では利用ができない『ホットペッパービューティの予約システムが使える』点があります。
現在フリーランス美容師として面貸しをご利用いただいている美容師にも好評な特徴です。

 
スタイル一覧は各美容師で共有する形となりますが、
[予約システム]や[ブログ機能][スタイルの掲載][クーポン登録]などをご自身で行い露出することで
集客につなげることも可能です。
 
集客に悩みを抱えている方も、ぜひ一度お問い合わせください。
 
 

実際に比較してみると…

シェアサロン型と業務委託型を収入面で比較してみました。
 
grf_35 1

 

仮にひと月の売上を100万円とした場合、当サロンの面貸しでは純利益が【80万円】となります。
 
対して他社(60%還元)の場合では【60万円】となり、20万円もの差があります。
 
すでに指名数が高く、固定のお客様を抱えている美容師の場合、
圧倒的にes&CO.も含めシェアサロン型の面貸しを利用するほうが月の収入も大きくなります。
 
 
集客を行ってもらうために40%の広告費を支払っている…と仮定すると、
個人で広告費をかけた方が割合としては下がるのではないでしょうか。
 
また、業務委託型のサロンでは集客のために施術単価を安く設定しているサロンもあるため、
そういったサロンの場合、還元率が高くても収入となる額は少なくなります。
 
培った歴や技術力があり、顧客にもその能力でしっかりと信頼されている美容師なら、
技術に価値をのせてサロンワークを行ってみても良いのではないでしょうか。
 
独立資金を貯めるまで利用する美容師も多くみられる『シェアサロン型面貸し』で、
あなたも自由なサロンワークに挑戦してみませんか?

 

 

大阪西梅田の美容室es&Co.について

大阪西梅田の美容室es&Co
大阪西梅田の美容室es&Co

アクセス 西梅田駅出口徒歩3分圏内
営業時間 平日 12:00~22:00
(カット最終受付21:00 カラー・パーマ最終受付20:00)
土・日・祝 10:00~20:00
(カット最終受付19:00 カラー・パーマ最終受付18:00)
定休日 月曜日(月曜が祝日の場合、翌火曜日)
備考 各種クレジットカード取扱(カード手数料はご自身でご負担ください)


いかがでしたでしょうか?
今、様々な形式で面貸しを提供されている美容室は多いです。
 
その中でもes&Co.には

  • 初期費用不要
  • 月額固定費用
  • 3万円以内であれば商材を自由に使える
  • 駅出口徒歩3分圏内

など、様々なメリットがございます。
es&Co.のお店自体は広いわけではなく、隠れ家サロンというイメージで思っていただければわかりやすいと思います。
そのため、今後募集するかもわかりません。
ぜひ、この機会にご応募くださいませ。

 

 

 

面貸しについて考える